かわいい赤ちゃんのためのベビー服のサイズの読み方

なかなかわかりにくい赤ちゃんの洋服のサイズ

子供服の中でも、赤ちゃんのサイズを特別にベビーサイズと呼ぶことがあります。

基本としては、擦れたりしないようにするためにも、ジャストサイズを着させてあげることが大切なのですが、サイズが読みにくいことも確かです。

国内と海外でも違いがありますし、体重を考慮しなければいけないところもわかりにくさに拍車をかけている部分でしょう。

国内ブランドでも、独自のサイズ展開をしているメーカーもあります。

アメリカのサイズ展開を採用しており、非常にわかりにくい場合もありますので、チェックしておくことが大切なのです。

 

5cmか10cm刻みで展開する日本のベビー服

赤ちゃんの成長ということを考えると、だいたい1年間で25cm成長すると考えられます。

体重は3倍にもなってしまうのですから、ここも重要なポイントとなるでしょう。

50cm程度で生まれてくるわけですから、数か月後には洋服は着ることができなくなることになるのです。

しかし、サイズがあっていないと、動きを制限させることになってしまいます。

危険性も高まるため、できるだけジャストサイズにしなければいけません。

 

ベビー服と呼ばれるレベルで考えるのであれば、50、60、70、80あたりまででしょう。

このサイズ展開が基本ですが、5cm刻みになることもありますので注意が必要です。

サイズがあらわしているのは、身長ですが、体重を考慮に入れているわけではありません。

たとえば、月齢6か月だとするのであれば、70サイズが基本となりますが、体重的に大きな子供には適切なサイズにならない可能性があります。

そういった場合には、上のサイズにしてあげることも必要ですが、その際には裾や袖を加工してあげたほうがいいでしょう。

 

月齢で展開するアメリカやフランス

アメリカやフランスのサイズ展開は、月齢で行っています。

日本のメーカーの中にも、こうした海外のサイズ展開と同じように表示してあるところもありますので注意が必要です。

 

月齢の展開の場合、3mから始まり24mまで3刻みで増えていきます。

3mの場合には、0~3カ月の月齢を表しており、体重的には5kgを想定していますので、国内の50サイズというより60サイズです。

6mの場合には、65サイズ、9mが70サイズですので、日本の展開の5サイズ刻みに近いものと考えてもいいでしょう。

ですが、重要な相違点として、胴回りがあります。

アメリカなどの場合には、かなりスリムに作る傾向が強いのです。

日本製の子供服よりかなり絞られていたりするのは、汗を書いたらすぐに吸い取れるように考えられているためで、吸水性が高い生地を使っていることも特徴といえます。

サイズ的には入りそうに見えても、実はきついということも出てきますので、多角を感が選ぶことが大切なのです。

PR:子供服のサーカス – ブランド子供服の通販

身長と月齢から読む子供服のサイズ表記

独特の表記になる子供服のサイズ

洋服には、必ずサイズ表記が存在します。

これを目安に選んでいくことになるわけですが、大人であれば2号3号といった形や、7号9号といった大き目の数、S、M、Lといったものが主流でしょう。

これでだいたいの目安がつくようになります。

それでも、メーカーによってかなりの違いがあり、どんなところを選ぶのかによって、考えていかなければいけないでしょう。

 

ところが、子供服の場合には、日本製なら80サイズや100サイズといった大きな数、アメリカなら18mや24mといった月齢サイズがあったりします。

中には、自社サイズを決めているものがあったりもしますので、いったい何を目安にするのか困ってしまうことでしょう。

 

目安にする身長と月齢

日本の子供服の場合には、身長がサイズの目安になっています。

赤ちゃん用の場合、95サイズあたりまでが対象となりますが、身長に対して横幅も大きく作られているところが特徴です。

100サイズになると、皮下脂肪も落ち着き、体型が変わってくることを想定しているため、比率が変わってくることに注意しなければいけません。

 

アメリカの月齢サイズの場合、3カ月ごとに分かれています。

24カ月目である2歳以下までが、この月齢サイズになってくるのですが、この先は2Tとなってくるところがわかりにくかったりするでしょう。

Tは幼児を表しており、2歳児という目安で考えることができます。

フランスもほぼ同一で、3moisと書かれていたりしますが、3mと同じで3カ月と考えることができるのです。

ただし、2Tに相当するサイズは存在せず、次は3ANSで3歳児になることもあります。

 

身長か月齢で表示があると、サイズの目安となりやすい部分がありますが、問題となるのは、オーストラリア製でしょう。

非常にわかりにくい仕様になっており、0000で3カ月未満、57cm相当と考えます。

0が80cmですので1歳相当ということになるでしょう。

7から始まるブランドの場合、125cm相当ということになりますので、7歳以降が対象ということになるでしょう。

大人のサイズ展開に近い部分を持っていますので、注意しなければいけません。

 

胴回りの違い

サイズ表記としては、身長や月齢になってきますが、国やメーカーによって胴回りはまちまちです。

日本は大きめに作られていることがありますが、海外はかなりスリムに作る傾向が強いため、思っているサイズでは入らないこともよくあります。

その代りに、伸縮性の高い生地を使っていることが多いため、フィットしやすいという側面もあるのです。

吸湿性も高く、汗を吸い取ると考えているわけですが、体格のいい子供にとっては、かなり窮屈な思いをすることもありますので、考慮しておくことが必要でしょう。

 

子供服の目安にできるサイズ表示

注意していかなければいけない子供服選び

子供服は、いろいろかわいいものも多く、どんな服を着せようか考えてしまうこともあるでしょう。

身長や月齢を目安にしたりすることもあるはずです。

特にプレゼントとなると、いったいどんなところに着目して行けばいいのか、かなりわかりにくいのが子供服だったりもするでしょう。

大人のように、試着ということもなかなかできないところが困ったところです。

 

年齢が低い間は、身長だけを目安にして選ぶこともできます。

年齢的にも個人差も少ないため、そこまで意識する必要はないでしょう。

しかし、年齢が上がってきたときや、海外製のものを選んであげるときには、かなり注意していかなければいけません。

 

サイズの目安と縦横比の違い

目安とすることができるものとしては、身長があります。

日本製の子供服の場合、140cmあたりまでは140サイズということで販売されています。

160サイズもありますが、大人の160cmとは異なる作りになっていることに注意しなければいけません。

身長は160cmあたりをターゲットにはしていますが、かなり細身に作られています。

この辺りに違いがありますので、目安としておくといいでしょう。

 

100サイズと95サイズの違いも重要です。

身長だけを目安にして、少し大きいものを購入しようとするとき、100サイズが重要になってくるでしょう。

しかし、95サイズは縦と横の比率が近く作られています。

ところが、100サイズになると、縦長になってくるのです。

この辺りも、成長の違いで作り方が変えられていますので、身長の目安とともに覚えておくべきポイントとなるでしょう。

 

安全性の規格もサイズや年齢の目安にできる

サイズを目安にするとともに、安全性も考えていかなければいけないでしょう。

実は海外では厳格に企画が決められているところが多く、子供服としての形を見ることにより、対象年齢も想定することができるのです。

 

たとえば、3歳以下の子供のパジャマには、フードやひも付きのデザインを使うことができません。

14cmのリボンやひもがついている服は、3歳以下に適応できないなど、かなり厳格なものになっているのです。

これは、寝ている間や、何かあったときに首に絡まってしまう事故を防ぐためでもあり、ファスナーなどの事故も防ぐために、多くの規制がかけられています。

特に小さなお子さんの場合には、こうした部分も目安にしておくと、子供たちにあった服を見つけて上げられるようになるでしょう。

 

海外製の子供服を購入するときのサイズの違いなどの注意点

最近では、子供服も海外製のものが簡単に手に入るようになりました。

日本のデザインとは異なり、非常に新鮮に見えるものです。

ブランド的な魅力もあるでしょう。

ですが、いろいろな違いが存在するため、購入してから何だろうと考えることもいろいろと出てきます。

体重や体型に対する考え方、とらえ方の違いが国ごとにありますので、事前に調べておくことが必要となってくるのです。

 

【身長表記と月齢表記】

日本のサイズに対する考え方ですが、子供服の場合には、身長に対して表記が決められます。

50サイズであれば、身長50cmということになるでしょう。

60サイズで6カ月程度、80サイズで1歳、90サイズで2歳程度を想定していることになります。

わかりやすいのは確かですが、体重を考慮していないため、胸囲が合わないことも出てくるのです。

 

アメリカとイギリスは、ほぼ同じ表記法を採用しています。

月齢を基準としてサイズ表記を展開しているため、3mや18mといった表示になるのです・

3mであれば3カ月ですので、日本の60サイズあたりが適当となるでしょう。

18mであれば、18カ月ですので、85サイズとなります。

ちょっとわかりにくいのが、2T以降です。

TはToddler幼児の頭文字で、2歳児ということを指しています。

2Tなら90サイズということになるでしょう。

フランスも似ていますが、moisが月齢にあたりますので、注意が必要です。

 

ヨーロッパで標準的に使われているサイズ表記には、身長に対応している日本と同じものもあります。

ただし、もっと細かく展開されており、56サイズといったものや、74サイズといったものも存在するのです。

6cm刻みになっているところがポイントですが、もともとの表記法の違いからきている部分ですので、間違わないようにしないといけません。

 

【】

海外の子供服を購入する際には、かなりスリムに作られていることに注意しなければいけないでしょう。

日本の考え方とは異なり、フィットさせることで吸湿性を高めるといった方法をとっています。

生地的には伸縮素材を使っていますが、どうしても締め付け感がありますので、嫌がる子にはサイズを大きくしたりする対応が重要です。

 

素材に関しては、オーガニックコットンなどこだわっているものが多くみられますが、縫製の精度は日本ほど高くありません。

海外製のものになると、ある程度粗さもあるということも承知したうえで購入することが必要です。

海外の子供服を選ぶ場合の年齢とサイズの関係

子供服は身長と年齢を目安に

子供服の購入を考えているとき、海外の子供服はとても新鮮に映ります。

日本製のものとは、デザイン感覚が異なり、鮮やかなものもあれば、面白いと感じられるものまでさまざまなのです。

ただし、海外で作られている以上、デザインのベースとなっているサイズも異なりますので、対象年齢にも違いがあることを知らなければいけません。

大人の服のようにある程度サイズの予測ができるような表示とは異なります。

この辺りも混乱のもとですが、対象としている年齢を目安にすることで、だいたいの予測がつくようになるでしょう。

ただし、あくまで目安ですので、体型を考慮して選んであげることが重要なのです。

 

日本と同じように身長基準のヨーロッパ

日本の子供服のサイズは、対象年齢を身長で考えています。

50サイズであれば、身長50cmですので、だいたい2カ月までの赤ちゃんを対象にしているといえるでしょう。

体重も3kg~6kgですので、だいたい当てはまるところとなります。

80サイズや90サイズぐらいまで来ると、1歳から2歳といった年齢になりますが、個人差が表れてくるため、目安として考え、体重や体格を考慮していくことになるでしょう。

胴回りのサイズは、考慮されていないからです。

 

ヨーロッパの基本的なサイズの中には、身長を目安にしている国もあります。

ですが、考え方がもっと細かく、6cm刻みになっていることがほとんどです。

対象年齢にも差があり、1カ月から3カ月の場合、56サイズになります。

1歳から2歳に掛けては、74サイズ、80サイズ、86サイズと細かくなるわけです。

日本のサイズより細分化されており、フィットさせやすい反面、すぐに着られなくなる可能性も出てきます。

体重も日本製よりも少なめに考えられていますので、胴回りを考え選んであげる必要があるでしょう。

 

【月齢で決めるアメリカやイギリス、フランス】

アメリカやイギリス、フランスの場合には、身長ではなく月齢でサイズを決めています。

そのため、3mの場合、月齢0か月から3カ月を表しており、日本製の60サイズ相当になるといえるでしょう。

12mで1歳75サイズ、24mで2歳未満85サイズといったところが対応しています。

ちょっとわかりにくいのが、2Tでこちらは幼児を表しているTになっており、2歳児ということを示しているのです。

だいたい90サイズと考えるといいでしょう。

 

ただし、やはり日本製よりもスリムに作られており、対象体重は少なめです。

もともと、フィットするようなデザインで考えられていますので、サイズ選びには注意しなければいけません。

 

アメリカ製の子供服を購入するときに大事なポイント

日本とは表記が異なるアメリカの子供服

子供服ということを考えると、とにかくサイズで悩むことになるでしょう。

海外の子供服を選ぶ場合には、さらにわかりにくくなります。

これは、国内とはサイズ表記が異なるためです。

できるだけ、しっかりとあったサイズの子供服を着させてあげたいところなのですから、海外の子供服を購入するのであれば、どういったサイズ表記になっているかを知っておくことが必要になります。

 

フィットするという考え方の違い

アメリカの子供服の場合には、日本の子供服よりもフィットさせることが考えられているところが特徴です。

かなり違いがありますが、これは体を動きやすくさせて上げるために、細身の形に作り上げています。

肌に密着するため、汗を吸い取るということも重要で、吸湿性を重視して作られているのです。

 

密着するようなシルエットに作るということで、伸縮性を高めなければいけないため、素材も考えられています。

日本の子供服よりも、着られないということが少なかったりするのです。

こうした点を考慮していくと、少し選びやすくなるでしょう。

 

シルエットということでは、パンツの丈の違いも忘れてはいけません。

日本の子供服よりも、かなり長く作られることがあるのです。

年齢によっては、裾を上げて上げるなど、加工をすることも必要となります。

 

月齢で表示されるサイズ

アメリカ製の子供服を見てみると、サイズはmで表されていることに気がつくでしょう。

これはmonthsであり、月齢を表しています。

つまり、12mであれば9カ月から1歳までを表しており、日本のサイズでいえば75が目安となるでしょう。

24mで85あたりになりますが、2Tと表記された場合には2歳で90になるのです。

フランス製の子供服の場合には、moisと表記されますが、これも月齢を表していますので、同じようなものだと理解していいでしょう。

 

もうひとつの問題は、身長はこれで予測がつくけれど、胸囲は予想がつかないということです。

かなりフィットさせるように作られていますので、体格のいい子供の場合には、かなり注意して選ぶことが必要となります。

 

特に自分の子供にではなく、プレゼントとして考えている場合には要注意です。

せっかくのプレゼントも、着ることができなかったりすると、非常に残念な結果になってしまうことになるでしょう。

ブランドによっても違いがあったりもしますので、どまどったりしないように確認をとったり、リクエストされてから購入するほうが安全です。

 

90サイズの子供服を選ぶときに重要なこと

2歳前後にフィットする90サイズの子供服

子供服の中でも90サイズといえば、1歳後半から2歳にかけてのサイズとなるでしょう。

大きな子になると、1歳ぐらいから90サイズになることも出てきます。

どんどん成長している時期で、すぐに着られなくなってしまうことも出てくるでしょう。

そこで、100サイズを考えている人も多くみられます。

 

しかし、ここで気を付けなければいけないのは、100サイズと95サイズまでの子供服の作り方の違いです。

この違いを知らないで100サイズを買ってしまうと、うまく着ることができなくなってしまうことも出てきます。

この二つの違いは、体つきの違いにあるといえるのです。

95サイズまでは、まだまだぽっちゃりしていることもあり、長さに対して横幅もあります。

ところが、100サイズになると3歳から4歳に掛けて想定していますので、横幅を抑えてくるようになるのです。

そのため、胴回りがきつくなってしまうこともあります。

将来的なことを考えても、95サイズを狙っておくのもいいでしょう。

 

着やすいものを選ぶこと

90サイズになってくると、子供服のバリエーションはかなり増えますので、どうしてもデザインを重視したくなってくるはずです。

ママからすれば、やはりかわいいものを着せて上げたいと感じたりすることもあるでしょう。

ですが、最も重要なことは、自分が着るものではないということです。

かわいいものであっても、着やすいものを選んであげないと、子供が着ていることが苦しくなってしまうことも出てきます。

これでは、せっかくの子供服も意味がありません。

我慢させて着させるものが子供服ではありませんので、着やすいものを選んであげることが大切です。

 

90サイズの問題としては、どうしても中途半端なことでしょう。

もっと上のサイズにしようか考えることも出てきますが、そうなるとどうしても動き回るために、裾が引っかかってしまうことが出てきます。

時期的には、ぴったりのものを選ぶことが大切ですが、丈が余るようであれば、裾上げしてあげるといいでしょう。

袖をまくることを考えるのであれば、裏地のかわいいものにするというのも方法です。

 

おさがりにできることも重要

90サイズの年齢ともなると、さまざまなカラーも出てきます。

かわいいものを選びたいところですが、今後子供をもうける予定なのであれば、おさがりでも着ることができるカラーにしておくといいでしょう。

黒やグレーなら、性別を気にしないで済みます。

意外とネイビーでもいいでしょう。

 

動き回ることを考えると、フードのあるものや、英梨周りに紐がついているものは注意しなければいけません。

なにかに引っかかると、首をつってしまうことにもつながりますので、デザイン以上に気を付けましょう。

 

素材も確認したい80サイズは1歳あたりの子供服

1歳前後を想定している80サイズ

80サイズの子供服というと、ちょうどつかまり立ちをし始めるころの1歳あたりを想定して作られています。

身長70~80cmあたりで、体重は11~13kgといったところでしょう。

このサイズの時期になると、立ったまま着替えをさせることができるようになってきます。

かなり楽になるのですが、その分体型にも変化がみられるようになってくるのです。

これが子供服選びとしては重要なポイントで、皮下脂肪が減り始めスマートになるため、フィットするのかどうかを考えていかなければいけません。

 

フィットしていることが一番

1歳前後といえば、非常に成長を感じる時期になるでしょう。

子供服もすぐにサイズが合わなくなりきれなくなってしまうことが出てきます。

しかし、あまりに大きなサイズを着させてしまうのは、かなり注意しなければいけません。

つかまり立ちをする頃になりますので、動きも活発になるでしょう。

そこで、大きなサイズを選んでしまうと、裾や袖が長くなることが問題となってしまいます。

特に裾が引っかかって転んでしまったりすれば、思わぬけがにつながることも出てくるのです。

 

フィットしたサイズの子供服を選ぶことが一番ですが、大きめのサイズを考えるのであれば、裾は上げてしまったほうがいいでしょう。

袖はまくっても対応することができますが、転んでしまうことを考えれば処置をしてあげたほうが安全といえます。

 

80サイズのころは、個人差も大きいころです。

身長だけで合わせると、おなか周りがきつくなってしまうこともあるでしょう。

その時は大きめのサイズにしてあげて、裾や袖の処置をしてあげることが必要です。

 

素材表示は必ず確認を

ちょうど動き始めてくるころにもあたりますので、素材ということも考えていかなければいけないでしょう。

いろいろなものがありますが、とてもデリケートな肌であるということを忘れないようにすることが大切です。

 

コットン素材は、通気性と吸水性に優れた生地で、夏服には最適といえるでしょう。

肌着に考えておくと間違いありません。

もっとデリケートな子供には、オーガニックコットンを選ぶ方法もあります。

刺激という点では最も低い素材で、アレルギー反応がある場合にも、オーガニックコットンなら安心できるでしょう。

 

保湿性ということでは、パイル生地が向いています。

タオル生地とも呼ばれる通り、吸水性も優れているのです。

肌触りという点でも非常にやさしく、安定して使われている記事になります。

 

こうした素材は、必ず品質表示として書かなければいけません。

ついていない子供服はありませんので、選ぶ場合には必ず参照する癖をつけるといいでしょう。

 

100サイズの子供服の素材と注意点

100サイズと95サイズの違い

子供服の中でも、汎用的に使えるとされているのが100サイズです。

身長100cmに合わせてある子供服で、前後5cm程度まで許容範囲としてみています。

想定している体重は14~17kgであり、だいたい4歳から5歳といった年齢が対象となるでしょう。

 

子供服選びも楽しくなるころではありますが、この100サイズには大きな特徴があります。

それが、95サイズとの違いです。

年齢的にもサイズ的にも、同じようなもの見えます。

実際にこの年齢になると、この先も長く使いたいと大きなサイズにしたりすることがありますが、この二つは異なる特徴があるのです。

それが、縦横幅の違いになります。

95cmサイズは、縦に短く横が広く作られています。

これに比べて100cmサイズは、縦に長く横に短く作られているのです。

 

子供の成長の違いが考えられており、95サイズはまだ赤ちゃん的な着想で、100cmは大人の比率に近づいているといっていいでしょう。

そのため、95サイズの代わりに100サイズにするというときには、子供の成長度合いに気を付けて上げないと、フィットしない子供服になってしまうのです。

 

素材も考えて

100サイズの子供服は、本当にいろいろなものがあります。

素材も多く、どんなものを選ぶか迷ってしまうでしょう。

伸縮性があり、フィットしやすいのが天竺です。

Tシャツの素材として知られていますが、非常に丈夫です。

このころの子供たちには、とても向いている素材です。

 

優しい着心地を求めるのであれば、パイルがいいでしょう。

ループ状に繊維が表面に出ているのが特徴で、タオル生地とも呼ばれます。

 

表裏とも同じ網目で、横方向に伸縮性があるのはフライスです。

肌着にするのであれば、とっても向いている素材で、セーターの袖口にも使われています。

 

夏は涼しく、冬は暖かなのはワッフルでしょう。

凸凹がある生地で、空気を含むため、こうした特徴を持っているのです。

 

ブランド服は大人になってからでも

100サイズを選ぶころになると、ブランド服じゃないと着せることができない、恥ずかしいと思うような人も出てくるでしょう。

恥ずかしいと思うのは、親だけであり、子供たちは思っていないことを忘れてはいけません。

どんなに優れたブランドでも、着心地が悪かったりすると、不快な思いしかしないのです。

大人はファッションのために我慢することもありますが、子供たちには我慢をさせて着せるのではなく、着心地のいいものにこだわることが必要でしょう。

 

110サイズになるころの子供服選びのポイントは

110サイズの子供服を着るころにもなると、そろそろ小学生になる6歳前後ということになるでしょう。

成長の早い子の場合、もっと早めに110サイズを着ることもありますが、胸囲はだいたい53~59cm、胴囲が48~54cmというところになってきているはずです。

このころは、どうしてもすぐに大きくなるからと、ワンサイズ大き目の服を選び始めるようになりますが、子供たちにもファッションということがわかってきています。

本人も主張することが出てくるでしょう。

こうしたサインも見逃さないで上げることが、子供服選びのポイントともなってきますので、できるだけ一緒に選んであげることも大切な教育になってきます。

 

体型の差が大きくなるころ

6歳前後ということを考えると、もう小学生になるころでしょう。

子供服選びとしても、こうしたポイントを押さえていかなければいけません。

これまでは、成長を見越して、少し大きめの服を考えたりすることもあったでしょう。

しかし、小学校に入るころに、ぶかぶかの服を着させていけば、子供たち自身がつらい思いをすることも出てきますので、サイズ的にあったものを選んであげることが重要なのです。

 

6歳ともなると、体型にもかなりの違いが出てきます。

やせていることもいれば、大きな子もいることでしょう。

そうした状況の中で、ぶかぶかのものを着させると、なんで自分だけこうなのかと考えてしまうのです。

だんだんと嫌になってしまうことが出てきてしまいますので、体型にあった服を選び着せて上げましょう。

 

活発な時期だからこそ

活発な頃ともなりますので、ボトムなどはウエストが調整できるものを選んだりしておくこともいいでしょう。

2シーズンぐらい着せて上げたいと考えていても、膝に穴が開いたりすることもよくあります。

サイズが大きかったりするものは、裾上げしたり、仮縫いを施すだけでも洋服に無理がかからなくなりますので、傷みを抑えたりすることも可能です。

 

成長も早い時期でもあるため、ブランド服と普段の服を分けてしまって考えることも必要でしょう。

使い捨てという感覚を持たなければならないため、安価なものを数多く用意しておくことで対処することができます。

新品の服だけを考えるのではなく、リサイクルショップを活用することも節約には重要です。

 

ブランド物の場合は、高価なものとなりますが、あまり長くは着られないことも前提で考えてしまったほうがいいでしょう。

あまりデザイン重視で選んでしまうと、使い道に困ることもありますので、用途を絞り込んだりすることも重要です。